最新のニュースリリース一覧

異業種間のデータ流通・活用の実証実験を開始

2018/10/26

 共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、データ流通支援事業への取り組みを進めるにあたり、実証実験を開始しました。第一段階として東京大学 大学院工学系研究科 大澤研究室との連携によるワークショップを実施し、異業種間におけるデータの利活用方法について検討します。


 IoT の普及などで増加したビッグデータの利用が拡大するなか、「官民データ活用推進基本法」の制定や「個人情報保護法」の改正など、政府主導によるデータの適正かつ効率的な活用やデータ流通を拡大させる取り組みが進んでいます。民間企業においても、自社データの有効活用や外部データ収集の検討が始まっています。

 こうした動きを受け、このたび、異業種間におけるデータ活用の可能性を探り、データ流通・活用の新たなチャンスを見出すため、実証実験を行うことを決定しました。

 実証実験の第一段階では、東京大学 大学院工学系研究科 大澤研究室と連携し、大澤幸生教授が考案した、データ市場におけるデータの利活用を支援する手法「Innovators Marketplace on Data Jackets (IMDJ)」を用いたワークショップを、本年 10 月 26 日より 3 回にわたって実施します。なお、ワークショップへはデータ保有企業やデータ活用を望む企業にも参加を呼びかけており、共にデータの活用方法を探ります。なお、ワークショップ終了後は、第二段階として、ワークショップから得た知見を生かしてデータ収集・蓄積・分析基盤のプロトタイプを構築し、実証を行う予定です。


 当社は、この実証実験を通じて異業種間におけるデータの分析や活用方法を検討し、新たなビジネスモデルの開発と、データの収集から加工、分析、出力までの一連の流れを統合した「データ流通プラットフォーム」の構築に取り組みます。そして、2019 年度中に、自社が持つデータの付加価値を高めて有効活用したい企業と、そのデータを利用したい企業との間を仲介する「データ流通支援事業」を開始する予定です。



 【データ流通・活用の実証実験 ワークショップの概要】

  目 的:異業種間におけるデータ統合による新たなデータ活用可能性の発見
  開催日:2018年10月26日(金)、11月28日(水)、12月12日(水)の3回(予定)
  内 容:IMDJ手法によるデータ活用方法の検討

【お問い合わせ先】

トータルソリューションオフィス
Tel 03-3817-2275
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
Tel 03-3817-2525