TOMOWEL Next Packaging 「次へ、その先へ。」 〜暮らしを支えるパッケージ・ソリューションを提供します〜

TOMOWEL Next Packaging 「次へ、その先へ。」 〜暮らしを支えるパッケージ・ソリューションを提供します〜

信頼・対応力のある生産拠点

国内13拠点、ベトナム・インドネシアなど海外3拠点で展開。ISOなどのマネジメントシステムを効果的に運用。最新設備による高い生産性で、お客さまのニーズに スピーディーに対応します。


豊富な実績、周辺領域への対応力

調査・分析から各種企画提案、デザイン制作、構造設計、販売促進まで、包装資材の周辺領域に対しても社内外のリソース・ネットワークを駆使して、幅広く・的確に対応します。


2021/2/18 リリース情報:内容物が減っても倒れない「ボトル代替フィルム包材」を開発、ボトルとパウチの良さを両立
2021/2/16 リリース情報:二重構造ボトルを開発、スクイーズのしやすさと鮮度保持効果を実現
2021/2/15 リリース情報:紙を使ったラミネートチューブを開発、プラスチック使用量を約10%削減
2021/2/15 リリース情報:「スリットバルブ付きヒンジキャップ」を開発、脱シリコーン製で環境に配慮
2021/02/08 リリース情報:「TOKYO PACK 2021」に出展、高機能・高付加価値の包装製品を各種ご提案
2020/11/30 リリース情報:「ハンディキューブ®」、新日本化成株式会社の「AdBlue®(アドブルー)」5Lに採用
2020/11/11 リリース情報:「第22回インターフェックス ジャパン」に出展、医薬品・化粧品・ヘルスケア製品向けの高機能材料をご提案
2020/11/02 リリース情報:「食品開発展2020」に出展、食品包装の高機能・高付加価値製品をご提案
2020/6/8 リリース情報:「ハンディキューブ®」、 パワーアップジャパンの「ノンアルコール除菌&抗菌コート剤」に採用
2020/6/2 リリース情報:高濃度アルコールに対応可能なアルミ積層構成フィルムを開発、食品・飲料向けパウチ包材として提供開始

環境対応パッケージ環境対応パッケージ

プラスチック減量
バリア性能の最適化
資源循環への貢献

共同印刷グループ「企業行動憲章」に掲げる『持続可能な社会への貢献』をめざし、環境負荷軽減の製品開発・設計を積極的に行い、自然環境や生活環境の保全・向上に努めます。

特に海洋プラスチック問題を発端とする脱プラスチック課題に対する取り組みを強化すると同時に、CO2、VOC削減など環境諸問題に幅広く対応していきます。

フタ材
  • ストローレス
  • オーバーキャップレス
フタ材
  • オーバーキャップレス
  • チャック袋代替
パウチ容器
  • 口栓プラ部材不要
  • プラボトル代替
パウチ容器
  • プラスチック減容化
  • 省スペース
紙容器
  • プラ容器代替
  • 耐油強化で食器不要
医薬品包装
  • 省材料化
  • 工程簡略化(従来比)

※数値は特定製品の実測値のため、参考値となります。