紙の申込書を簡単に電子化、二次元コードで申込受付業務を効率化

フォーム

「Form α®」は紙の手続き用紙のレイアウトをそのまま生かして、各種デバイスから入力可能なフォームを提供します。
フォーム入力時のエラーチェック機能、入力内容の二次元コード化機能を活用して、入力漏れを防止し、スピーディな手続き完了を実現します。
押印や添付資料など紙でのやり取りが必要な手続きはもちろん、入力データをサーバで受信する方法により、手続きのペーパーレス化も実現できます。

Form α(フォームアルファ):電子フォームシステム

開発背景

今までのデータプリントを中心としたBPOサービスでの申込手続きは、用紙への記入や送付など、紙でのやり取りが中心でした。申し込みチャネルが郵送一つに限られる、手続き完了までの時間が掛かる、申し込み受付業務の負荷が大きいといった課題がありました。
そこで、これらの課題解決のために、電子フォームシステム「Form α®」を開発しました。

特長

1. 移行が簡単

現在ご使用の申込用紙のデザインをそのまま、電子フォームにご利用いただけます。

2. 業務の軽減

入力された情報を二次元コード化し、読み取ることで復元でき、データ化の負荷を軽減できます。(出力時)

3. マルチデバイス展開

ホームページへのリンク、タブレット端末での申込みなど、利用シーンに合わせた導入が可能です。

4. 管理が容易

複数のフォームをサーバで管理し、スケジュールに合わせて、フォームを運用できます。

ラインアップ

Form α®には、2種類の提供方法があります。

  • ビューアのみ(ビューア機能の設定、入力フォームの制作)
  • ビューアと配信サーバのセット(ビューア機能の設定、入力フォームの制作、データ送受信環境の設計)

Form α(フォームアルファ):電子フォームシステムのお問い合わせはこちらから。

資料請求・お見積もりなど、お気軽にご相談ください。