モノづくりに携わることで
人の心を動かす

営業系職種

プロモーションメディア事業部

2015年入社人間社会学部 心理学科卒

スマートフォン向けアプリなど、印刷物にとどまらず幅広く提案

就職活動では、IT関連、出版社、広告代理店など、さまざまな会社の説明会に参加しました。なかでも共同印刷は、2017年に創業120周年という歴史のある会社であり、その長い歴史のなかで、多くのお客さまと信頼関係を築いてきたことによる事業基盤の確かさに魅力を感じました。また、人の心を動かすようなモノづくりに携わりたいと考えており、幅広く事業展開している共同印刷ならそのチャンスがあるはず、と入社を希望しました。
現在はプロモーションメディア事業部で営業を担当しています。当事業部は、お客さまのあらゆる販売促進ニーズに応えるべく、印刷物にとどまらない多彩なサービスを展開しています。私は主に化粧品会社を担当しており、新商品や役立つ情報を届ける定期会報誌、店頭販促物、商品購入を便利にするスマートフォン向けアプリなどをニーズに応じて組み合わせ、提案を行っています。

お客さまのニーズを掴み、案件受注

お客さまが販促物や販促計画をどの会社に発注するかは、多くの場合、複数の業者が競い合うコンペによって決まります。一つのコンペに参加するのは、同業の印刷会社や広告代理店など5~6社。担当する化粧品会社からはコンペのご案内はいただけるものの、なかなか受注に至らないという状況が続いていました。そこで店頭調査や消費者へのアンケートを実施し、前回いただいたフィードバックからも反省点を洗い出して、提案の質を向上させました。その結果、お客さまの課題を見事克服。ニーズに合致した提案をすることができ、受注に至りました。お客さまから「今回は共同印刷さんにお願いします」というメールが届いたときは、制作担当と一緒に喜びを共有。営業をやっていてよかったと思える瞬間でした。

「やりたい!」と言ったらどんなことでも挑戦させてくれる

「印刷会社」とは思えないほど、さまざまな提案ができる。それが当社で働くやりがいやおもしろさです。冊子やチラシ、ポスターなど紙ツールの仕事も数多くありますが、プロモーション動画やアプリの提案、イベント企画、SNSを使ったキャンペーンなど、世の中の変化に合わせ、提案できるサービスの種類もどんどん増えています。そうした提案ができるのも、どんなことでも挑戦させてくれる風土があるからこそ。「こんな風にすれば、新しいことやおもしろいことができる!」そう考えて日々仕事に取り組んでいます。私たちが手掛けた制作物を通して、それを見た消費者に「嬉しい」という感情を与えたり、「購入したい」「行ってみたい」という行動を起こさせたりする。そんな“人の心を動かすモノづくり”に関わることができていると感じています。

ONE DAY SCHEDULE

08:00
起床ニュースを見ながら出社の準備。会社の最寄り駅にあるパン屋さんで朝食購入。
10:00
出社メールチェックや前日書いておいたTodoリストを確認。
10:30
提案資料作成得意先訪問時の提案資料作成。
11:30
他部署とのMTG進行案件の棚卸しと進捗確認。得意先に持っていくダミー見本の準備。
12:00
休憩社食で昼食。課のメンバーはそれぞれ外出していることが多いので、社食に集まって雑談しながら食べる昼食は楽しい!
14:00
得意先訪問①準備した資料を使って提案。制作ディレクターに同行いただき、細かな悩みまでヒアリング。
16:00
得意先訪問②ダミー見本を使って仕様や色みの確認。スケジュールの確認など。何気ない話の中で新商品情報は次回プロモーション企画の情報収集。帰社後にディレクターに共有。自主提案の準備を行います。
18:00
帰社訪問のまとめ。
18:30
社内MTG訪問時にお客様よりいただいたお戻しをディレクターへフィードバック。次回提案に繋げるべく、意見を出し合います。
19:00
社内資料の整理、業務担当への指示仕様や納入情報の指示や新規案件の情報のまとめ。明日の予定を確認して帰社の準備を行います。
20:00
退社少し早く帰れる日には、ホットヨガで汗を流します。1日の疲れも吹っ飛びます!
24:00
就寝
ページTOP