お客さまが今一番必要と
しているものを読み解き、
的確に提案

営業系職種

包装事業部

2013年入社理学部 化学科卒

多くの業界にチャネルを持つところが魅力

就職するにあたり、仕事を通じて視野を広げたいと考え、多様な業界に顧客を持つ会社を希望しました。なかでも共同印刷はパッケージ事業を行っており、食品、電気・電子部品、医薬・化粧品、流通など、非常に多くの業界にチャネルを持っているのが魅力でした。多様な業界をターゲットにする仕事のほうが、長く働く上でモチベーションアップにつながると考え、志望しました。
現在は包装事業部で、食品や医薬部外品業界の営業を担当しています。既存・新規の得意先を訪問し、どんな課題があるかをヒアリングして、自社の技術を用いた解決方法を提案するのが仕事です。

お客さまの状況に合わせて営業戦略を立てる

新規得意先への営業は、まず情報収集から行います。お客さまに聞いた業界の話、業界ニュース、先輩営業からの情報などをもとにアプローチする会社を選びます。既存得意先を担当しながら、多いときは月に数社の新規得意先を訪問。パッケージは競合企業が多いため、いかに当社の特長をアピールできるかがポイントです。何を必要としているかは相手によって異なりますので、営業戦略はオーダーメイド。競合相手にない当社製品のメリットを訴求しつつ、粘り強い営業を心がけています。
また、既存得意先に対しても、製造現場や品質保証部などと連携し、新しい技術や考え方を品質向上につなげられるよう取り組んでいます。

初めて一人で任されたコンペで受注

印象に残っている仕事は、入社2年目に初めて任されたデザインコンペです。お客さまはお菓子メーカーで、テーマは「チョコレート袋のハロウィン仕様デザイン」でした。パッケージをつくるには、製造現場、品質保証部門、品質管理部門、デザイン部門といったさまざまな部署が関係します。自身の知識が浅かったこともあり、社内の各部署に協力を仰ぐと共に、得意先に何度も足を運びました。意見を細かく取り入れることで、何とかコンペに勝利。自分が指揮を執り、さまざまな人を巻き込んで一つのことに向かい、結果を出せたことは大きな自信になりました。また、「こうすれば仕事が取れる」という貴重な成功体験にもなりました。
私の部署の場合、新規開拓のターゲットとなる業界はおおよそ決まっていますが、“どう攻めるか”の戦略は自分で立てることができます。もちろん上司への相談や報告は必要ですが、考えたことに理屈が通っていれば自由に行動させてもらえる風土があります。それが共同印刷の営業のおもしろさだと感じています。

ONE DAY SCHEDULE

07:00
起床 出社準備
08:40
出社・業務開始最初に当日に行う仕事の確認、優先順位付けを行います。午前中は事務作業を行う場合が多いです。(外出の場合もあります)在庫確認、納期調整、パッケージデザイン関連のやりとり、PM外出のための準備などを行っています。
12:00
昼休み
13:00
業務開始午後は得意先を訪問する場合が多いです。(片道30分程度の都内近辺から片道2時間程度の得意先工場など、場所は様々です)案件があれば進捗報告、なければ新たな案件を探すため情報取集を行います。週4日程度は何かしらの外出があり、1回/2週間程度の頻度で自社工場にも行きます(打合せ・作業立ち会い等)。
16:00
帰社(訪問先によって帰社時間は異なります)先方要望を持ち帰り、社内への共有方法、段取りを検討します。帰社後は会議資料、得意先への説明資料など資料作りが多いです。
20:00
退社退社時間はその日の仕事量によってまちまちですが、都合によってある程自分でコントロールしています。基本まっすぐ家に帰ります。
21:00
自宅到着一人暮らしなので家事をこなします。平日の余暇時間は2時間程度です。
24:30
就寝
ページTOP