社内セキュリティ対策の砦を担う

IT系職種

ITシステム推進部

2013年入社工学研究科 情報理工学専攻

業務の多様性、人を大切にする企業風土にひかれた

学生時代、会社説明会に参加し、共同印刷の仕事の多様性を知りました。印刷会社ということで、最初は雑誌など印刷だけのイメージでしたが、スマートフォンアプリや電子書籍、高機能フィルム、食品パッケージなど多彩な業務範囲に驚いたことを覚えています。この会社であれば、学生時代の知識を生かしつつ、多方面に活躍できるのではないかと感じたこと、そして何より社員の方から感じた「人を大切にする企業風土」に魅力を感じ、当社を志望しました。
現在は、パソコンやサーバのセキュリティ対策を、技術面と社内の運用ルール面から整備するITシステム推進部に所属しています。主な担当は社内ルールの整備で、パソコンなどで作業をする上で、利便性を損なわず、かつ情報をきちんと保護できるような仕組みを考える仕事をしています。また、社内に新しく外部のITサービスを導入する場合、セキュリティ上問題がないかを確認する必要があります。その際、しかるべきセキュリティ対策が採られているかを精査した上で導入の可否を判断する仕事にも携わっています。

CSIRTによるセキュリティ体制づくりをリード

これまで手掛けた仕事で印象に残っているのは、自分が提案したセキュリティ体制が採用され、体制作りを担当したことです。それが、2017年10月に立ち上げたTOMOWEL-CSIRT(トモウェル・シーサート)。CSIRT(Computer Security Incident Response Team)は、組織内の情報機器やネットワークにおいて、未然のものも含めトラブルにつながりかねない事象が発生したときに緊急で動く対策チームのことです。近年のセキュリティ動向を鑑みて、当社でも取り入れたほうがいいと上司に提案したところ、実施に至りました。合わせて、通常時の啓蒙活動や既存の情報セキュリティ体制と連携しながら、「緊急事態を未然に防ぐ」というもう一つの役割も、しっかり果たしていきたいと考えています。
TOMOWEL-CSIRTは外部組織の日本シーサート協議会のホームページで公表されているほか、社内報やCSR報告書などでも紹介されました。それらを見て、自分の仕事が微力ながら会社や社会の役に立っていることを実感しました。

アイデアを積極的に取り入れる社風があるから、共に成長できる

当社独自のおもしろさは、印刷技術から派生したさまざまな業務やサービスが、山の裾野のように広がっていることです。雑誌だけではなく、食品パッケージやICカードなどさまざまなものを手掛けているため、それだけアイデアの生まれる機会も多いといえます。さらに組織として、そのアイデアを積極的に取り入れようという姿勢があるのも特長です。例えばCSIRTの設立も、上司が積極的に話を聞いてくれたことで実現しました。こうした社風が、変化に対して柔軟で、長きにわたり発展し続けてこられた当社の土台になっているように思います。

ONE DAY SCHEDULE

07:30
起床入浴、身支度。
08:55
出社バスor徒歩。
09:00
定型業務メール確認/返信、報告書類等の作成。1日の中でクリアする目標3点を定める。
11:00
資料作成打合せ資料の作成、会議の進め方など組み立て。
12:00
昼食社食率が高い(オススメはエビカツ定食)。
13:00
スケジュール作成/実施プロジェクトのスケジュール立てや実施、次期施策の検討など。
15:00
打合せ/会議自身主催の会議や、他部署の定例ミーティング参加など。
16:00
情報収集ITに関するトレンド、サイバー攻撃の脅威情報など収集。
17:00
情報交換、コミュニケーション集めた情報の交換やチャットツールでの会話(何気ない会話も多い)。
18:00
残作業処理翌日必要となる資料の準備や残作業の処理。
19:00
退社バスor徒歩。
19:30
夕食外食率が高い(ラーメン屋が多い)。
20:00
趣味時間動画鑑賞、通販など。
24:00
就寝音楽を流しながら就寝。
ページTOP