• 企業情報

共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、生活・産業資材部門の主力工場である守谷第一工場(茨城県守谷市)にて、2019年11月21日付けで食品安全マネジメントシステムに関する国際規格「FSSC22000」の認証を取得しました。

 FSSC22000は、大手食品メーカーや製造業を中心に設立された世界規模の食品安全に関するネットワーク「GFSI(Global Food Safety Initiative)」によって認証を受けた、食品安全マネジメントの国際規格です。食品安全に関するマネジメントシステム規格「ISO22000」をベースに、食品用包装材製造の前提となる衛生管理に重点をおいた規格「ISO/TS22002-4」などが盛り込まれています。

 守谷第一工場の軟包装専用棟(写真右)は、軟包装事業の戦略的拡大を目的に2018年4月に竣工しました。建設当初よりFSSC22000の認証の取得を視野に入れ、お客さまに安心・安全な包装材料をお届けする体制の構築に努めてきました。このたび、こうした取り組みに基づく当社の製造環境が規格を満たすものとして確認され、「食品用途軟包装材(プラスチック、紙、アルミ箔)の製造」がFSSC22000の認証を受けました。

 今後も、食の安全・安心を確保できる包装材料を提供してお客さまの要望に応え、より一層信頼される体制づくりを進めてまいります。
 

【認証登録の概要 】

1. 対象事業所 共同印刷株式会社 守谷第一工場
2.適用規格 FSSC22000(Version 4.1)/ISO22000:2005
3.登録番号 JMAQA-FC331/JMAQA-F418
4. 登録日 2019年11月21日
5. 審査登録範囲 食品用途軟包装材(プラスチック、紙、アルミ箔)の製造
6.認証機関 (一社)日本能率協会 審査登録センター(JMAQA)

お問い合わせ先

取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
TEL:03-3817-2525