透明なプラ蓋と紙製カートンのハイブリッド

プラスチック製の蓋に合わせて形状を設計したカートンです。しっかりと蓋と嵌合(かんごう)することができる点が特長です。
今までお使いのプラスチック製の蓋をそのまま使うことができるので、"中身も見せることができる"為店頭での訴求効果を損なわずに環境への負荷を低減します。

プラフィットペーパーカートン

特長

  • プラスチック製蓋に合わせて設計をすることで、しっかりと嵌合します。

  • 印刷によりデザインを入れることも可能です。

  • 耐熱・耐水などの加工の可能です。

    ※現行品やご指定の蓋とのカスタマイズも対応

用途例

プラフィットペーパーカートンは"中身を見せられる食品容器"としてお惣菜を始めとしたテイクアウト品に最適なカートンです。

プラ容器から紙化への第一歩をお手伝いします。

中身を見せられる食品容器

プラフィットペーパーカートンのお問い合わせはこちらから。

資料請求・お見積もりなど、お気軽にご相談ください。