沿革

1897 (明治30) 博文館主大橋佐平、自社の書籍・雑誌を印刷するため、共同印刷の前身である博文館印刷工場を京橋区竹川町(現銀座6丁目)に創設。
1898 (明治31) 小石川区久堅町(現本社所在地)に移転し、合資会社博進社工場と改称。
1905 (明治38) 博文館印刷所と改称。これを機に博文館印刷工場から脱皮した。
1918 (大正7) 博文館印刷所を株式会社に改組。
1925 (大正14) 博文館理事大橋光吉が創設した美術印刷中心の精美堂と合併して、共同印刷株式会社を設立。社長大橋光吉。これにより総合印刷会社として、大量生産体制を確立。
1932 (昭和7)

民間印刷会社で初めて研究室を設ける。のちにここから、平凹版、タイプポジなどの画期的な技術が開発。

昭和7年ごろの共同印刷

1935 (昭和10) 本館から6号館までの全館新築が完成。同時に紙の印刷だけでなく、布と金属の印刷も開始して「東洋一の印刷のデパート」と称されるに至る。
1945 (昭和20) 空襲により壊滅的な打撃を受ける。直ちに復興に着手。
1950 (昭和25) ビニール印刷と金属チューブの製造・印刷を開始。また、東芝機械と共同で開発した8色グラビア輪転機を導入、多色グラビア印刷のパイオニアとなる。
1960 (昭和35) 印刷技術を応用した木目化粧板の実用化(1956)に続き、金属化粧板の実用化にも成功。
1963 (昭和38) 電子製版システム「PDIカラースキャナー」を導入、カラー印刷の製版精度が飛躍的に向上。
関西地区の商業印刷工場として、大阪に近畿共同印刷(現 共同印刷西日本)を設立。
1964 (昭和39) 金属チューブ印刷工場として小田原工場を開設。日産10万本という西独ヘルラン社製全自動チューブ製造ラインを設置して、印刷企業として最大の生産能力を持つ。
1967 (昭和42) アートレリーフ(高級立体複製画=特許)を開発。
名古屋営業所開設。
1968 (昭和43) 金属容器の製造・印刷工場として、埼玉県に越谷工場を開設。
1972 (昭和47) 建材用化粧板の専門工場として、茨城県に常磐共同印刷(株)を設立。
1978 (昭和53) 企画制作部門を統合して、企画から制作までを一貫して行うセールスプロモーションセンターを設置。
1979 (昭和54) 小田原工場にラミネートチューブ製造ライン導入、稼働開始。
1981 (昭和56) ビジネスフォーム・証券・カード専門工場として埼玉県に鶴ヶ島工場を開設。
1983 (昭和58) グラビア製版法OHG《オフセット・ヘリオ・グラビア》(カーボンティッシュを使わないエレクトロニクス彫刻式)を開発。
1987 (昭和62) 紙器、軟包装用品の製造・印刷工場として茨城県に守谷工場を開設。
1989 (平成元年) 鶴ヶ島第二工場を増設。
1991 (平成3) ラミネートチューブ製造工場として、和歌山県に和歌山工場を開設。
1993(平成5) 守谷第二工場を増設。
出版・商業印刷の工場として、茨城県に五霞工場を開設。
1996(平成8) 本社工場内にデジタルプリプレスセンターを設置。
1997(平成9) 創業 100周年を迎える。
2001(平成13) ICカード事業本部を新設。
埼玉県に情報処理関連業務主体の川島工場(現 川島ソリューションセンター)を開設。
2002(平成14) 川島工場(現 川島ソリューションセンター)がISMSの認証を取得。
五霞工場、第一回 印刷産業環境優良工場表彰にて「経済産業大臣賞」受賞。
2003(平成15) 共同印刷グループ「企業行動憲章」制定。
2006(平成18) CSR推進部を設置。
京都工場 竣工。
2007(平成19) 播磨坂スタジオ 竣工。
2008(平成20) 本社事業所、地球温暖化対策で東京都から表彰。
2010(平成22) 守谷工場「医薬・産業資材棟(現 守谷第二工場)」竣工。
2011(平成23) 当グループ西日本エリアの拠点、営製一体の共同印刷西日本(株)設立。
2012(平成24) 中国・アジア地域の営業活動拠点として、中華人民共和国に共印商貿(上海)有限公司を設立。
2014(平成26) 機能性チューブ製造拡大のため、神奈川県に相模原工場を開設。
東アジア市場におけるラミネートチューブ製造を中心とした事業拡大のため、ベトナム社会主義共和国に KYODO PRINTING (VIETNAM) CO.LTD. を設立。
2017(平成29) 日本製紙(株)との合弁事業会社、共同NPIパッケージ(株)設立。