経営理念

私たち共同印刷グループの企業活動の原点は、グループ経営理念です。経営理念の実現を通じて社会の持続可能な発展に貢献します。

経営理念はすべての判断と行動の原点であり、私たち全員が共有すべきものと考えます。経営理念を実現するため、経営の方向性を「グループ基本方針」に、また企業のあるべき姿を「グループ経営ビジョン KYODO SPIRIT」として定めています。

そして行動指針である「グループ企業行動憲章」では、コンプライアンスと企業倫理の遵守はもちろんのこと、社会的使命を果たすため、社会貢献する企業としての姿勢を明らかにしています。

グループ経営理念

印刷事業を核に、生活・文化・情報産業として社会に貢献する

ページ上部へ

グループ基本方針

「価値創造・成長・挑戦」

  • 価値創造-
    共同印刷グループは、当社グループのあらゆる関係者(お客さま・株主・社会・取引先・社員)に対し、より高い価値創造をめざした経営をいたします。
  • 成 長 -
    価値創造のために、事業構造と収益構造を変革し、新たな成長をしてまいります。
  • 挑 戦 -
    成長を実現するためにさまざまな戦略を策定し、果敢に挑戦を続けます。

ページ上部へ

グループ経営ビジョン

めざすべき企業像

印刷関連市場で培った企業力を活かし、あらゆる関係者から評価され信頼されるとともに、社員にとって働く魅力にあふれた躍動的な企業グループをめざします。

  • 高品質な製品の提供と提案型営業、新製品開発の積極的な推進により、受注拡大に努め成長性を高めます。
  • 継続的なコストダウンの実現により収益性を高めます。
  • 事業領域を見直し、組織や業務の効率化を進めることで、経営資源の有効活用と経営基盤の充実に努めます。
  • 顧客満足度の向上を通じ市場評価を高めるとともに、企業の社会的責任を積極的に担うことで企業価値の向上を実現します。

コミットメント

私たちは、過去にとらわれない柔軟で合理的な思考と変革の視点を持ち、めざすべき企業像に向かって邁進します。
※ コミットメント=決意表明

ページ上部へ

2003年5月28日制定
2011年4月1日改定

共同印刷ならびにグループ会社は、「印刷事業を核に、生活・文化・情報産業として社会に貢献する」ために、以下に掲げる指針に基づき行動する。

1. 信頼される企業
お客さま、株主、取引先、社員、地域社会などとの信頼関係の確立に努め、ともに歩むことを重視する。
2. 倫理を大切にする企業
経営者および全社員は、法令を遵守するとともに企業倫理の重要性を認識し、業務を遂行する。
3. 安全性に配慮し、品質保証と情報管理を徹底する企業
社会のニーズを的確に把握し、クオリティーの高い製品とサービスを、安全性に十分配慮して、開発、提供する。
会社、お客さま、取引先に関連して発生または取得したすべての情報の取り扱いにあたっては、徹底した管理を行う。
4. 公正で透明性のある企業
公正にして自由な競争理念を良く理解し、市場の健全な進歩、発展に寄与する。
政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
有用で信頼性のある情報を積極的に開示し、株主をはじめとし広く社会とのコミュニケーションを図る。
5. 環境に配慮する企業
環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、持続可能な社会の構築に向けて主体的に行動する。
6. 社会貢献活動を行う企業
「良き企業市民」として、積極的に社会および地域貢献活動の実践に努める。
7. 人間を尊重する企業
「人を大切にする企業」として、従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保する。
8. 健全な社会秩序の維持を重視する企業
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、一切関係を持たない。
9. 海外の文化や慣習を尊重する企業
事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、海外の文化や慣習を尊重する経営を行う。
10. 経営トップの責務
経営トップは、グループ企業を含めた実効ある社内体制の整備を行い、本憲章で掲げた項目の周知徹底を図り、取引先にも理解を求める。
本憲章に反する事態が発生した時は、経営トップ自らが問題解決にあたり、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、自らを含めて厳正な処分を行う。