最新のニュースリリース一覧

「TOKYO PACK 2018」 に出展、医薬品・化粧品・ヘルスケア製品向けの高機能材料をご提案

2018/09/07

handycube_kitchen.jpg

 共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、10月2日(火)から10月5日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される総合包装展「TOKYO PACK 2018  -2018東京国際包装展-」に出展します。


 本展は、さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでを網羅した、世界有数の国際総合包装展です。

 当社は、開封性を追求したスタンディングミニパウチ「Tパウチ・ショット」や、持ち運びやすく注ぎやすい中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ®」(写真)、バリア性とデザイン性を兼ね備えた「フルプリント®ラミネートチューブ」、湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ®」をはじめとする高機能フィルムなど、独自技術から生まれた高機能製品をご紹介します。

 紙器、軟包装、チューブ、医薬・産業資材の各分野にわたる多彩な製品と各種サンプルでパッケージの新たな可能性をご提案しますので、ぜひ、当社ブース(東1ホール 1-09)へご来場ください。


 ※「Tパウチ・ショット」は、オリヒロ株式会社の使用許諾を得て販売しています。

 


主な出展内容※都合により変更になる場合がございます。ご了承ください。


■「TOKYO PACK 2018」概要 http://www.tokyo-pack.jp/

●会  期2018年10月2日(火)~10月5日(金) 10:00~17:00
●会  場東京ビッグサイト
●当社ブース東1ホール 1-09
●主  催リード エグジビション ジャパン 株式会社

10月3日~5日に東京ビッグサイト西ホールで開催の「食品開発展」にも出展し、液体・粘体用小袋「Tパウチ・ショット」をご紹介します。ぜひお立ち寄りください。(当社ブース:西2ホール 2-385)

 →「食品開発展2018」の当社出展概要はこちら




パッケージと高機能材料のご案内
食品・日用品パッケージをはじめ医薬品包材、半導体資材、建装材、電子部材をご紹介

【お問い合わせ先】

営業窓口:生活・産業資材事業本部 包装事業部 企画開発部
Tel 03-3817-2249
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
Tel 03-3817-2525