最新のニュースリリース一覧

紙の申込書を簡単に電子化できる 電子フォームシステム「Form α™(フォームアルファ)」サービス開始

2013/02/18
二次元コードで申し込み受付業務を効率化
 共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:稲木歳明)は、BPOサービス事業拡大のため、二次元コードを利用して受付業務を効率化する電子フォームシステム「FormαTM」を開発しました。
 2月より、本システムを使ったBPOサービスの提供を開始します。

 現在、当社が展開するBPOサービスでは、申込書として「紙」が多く利用されています。しかし紙の申込書は、記入内容の不備確認やパンチ入力によるデータ化などで、受付完了までに多くの時間がかかります。また、タブレット端末などの普及を受け、申し込み手続き方法を多様化させて利用者の利便性を高めたいというニーズも増えていました。
 そこで当社は、業務時間の短縮やユーザーの利便性向上を実現するため、HTML5など電子出版で培った技術を応用して、受付業務を効率化する電子フォームシステム「FormαTM」を開発しました。本サービスの提供方式は、フォーム入力後、二次元コードを付与した出力紙に捺印して必要書類とともに郵送する「オフライン版」と、データ伝送が可能な「オンライン版」の2種類です。

FormαTM 主な特長】
 ①「紙」で使用しているデザインをそのまま電子フォームへ転用
 ②入力内容のチェック機能で、記入もれを未然防止
 ③入力内容を二次元コード化。エントリー業務でのパンチ入力を二次元コード読み取りへ変更し、受付業務の手間や日数を大幅に改善
 ④PC・iPad・Android端末で使用可能。端末の種類に応じた手続き方法を選択できる。
 ⑤オンライン版は、クラウド環境を利用して端末からデータを直接転送する機能を実装。サーバーがなくても導入可能。
FormαTMの概要図】
kyodo-denshiform-2.gif







【システム導入費】  
 オフライン版(フォームビューア):コンテンツ制作費 37万円~、ライセンス費 6万円(1コンテンツ)
 オンライン版(フォームビューア+フォームサーバ):初期費用 120万円(データセンター利用時)、月額利用料 15万円
 
 今後は、本システムを利用したBPOサービスを金融・保険業界を中心に積極的に提案し、関連するBPOサービスの受託を含め初年度(2013年度)5億円の売り上げをめざします。
 
kyodo-eform.gif

【お問い合わせ先】

ビジネスメディア事業部(営業窓口)
Tel 03-3817-2530
コーポレートコミュニケーション部(取材窓口)
Tel      03-3817-2525