最新のニュースリリース一覧

異業種企業が連携した 「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」に参画、接客支援ソリューションを提供

2016/02/29

 共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平林 朗、以下 H.I.S.)を発起人として2016年3月1日に設立する「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」に参画します。

 当社は、多言語・オムニチャネル対応の販売促進ソリューション「MY SHOPPING CONCIERGE™(マイ・ショッピング・コンシェルジュ)」など、増加するインバウンド需要にも対応した接客支援ソリューションを提供します。

 

 「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」は、自治体・観光協会と連携して、魅力ある観光資源を国内外に知らしめ、異業種企業とともに地方創生・心豊かな生活に寄与することを目的としたものです。同コンソーシアムでは、窓口を一本化して自治体・観光協会・各種企業の情報を効果的に整理するとともに、クーポンサイト・アプリ「H.I.S.クーポン」の活用による情報提供方法のデジタル化を進め、地域経済を活性化することをめざしています。

 

 当社は、自治体・異業種との協業によるワンストップサービスを提供することを目的に、同コンソーシアムへの参画を決定しました。インバウンド需要やIoT時代の新しい消費スタイルへの対応策として、実店舗のデジタルサイネージとスマートフォン用アプリを連動させた「マイ・ショッピング・コンシェルジュ」や、タブレットを使用した「接客アプリ」など、多言語対応のソリューションを提供します。

 今後、当社は地方創生と豊かな旅体験の提供に寄与すべく、有用な情報発信に努めていきます。

 

※「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」の合同説明会が、3月1日(火)13:00より都道府県会館(東京都千代田区)で開催されます。詳細はH.I.S.サイトにてご確認ください。

 

マイ・ショッピング・コンシェルジュ 特長

my shopping concierge mini.jpg
  1. ①店舗運営の効率化
    デジタルサイネージを"売り場"として利用することで、販売力の強化、店舗の省スペース化、スタッフの少人数化を実現。POSデータと顧客DB(データベース)との連携によるCRMや、店舗マネジメントの効率化などの拡張が可能。
  2. ②プレジャーショッピングの実現
    タッチパネルによる軽快なナビゲーションやショッピング情報提供で、楽しくて快適・便利な購入体験を実現。
  3. ③販促力強化
    顧客DBとCRMツールなどの連携で、セグメントごとのレコメンド情報発信、会員の登録言語での多言語対応が可能。

★マイ・ショッピング・コンシェルジュ™ の詳細はこちら

 

接客アプリ 特長

  1. ①多言語対応
    英語、中国語(繁体語/簡体語)に対応。言語の追加も可能。
  2. ②対話レスの簡単ステップ
    タブレット端末を介して、お客さまが求める情報を共有。詳細画面へ3~4ステップで素早く到達し、情報提供不足を防止。
  3. ③コミュニケーション対話集を用意
    商品説明や会計など、店舗で使用する簡単な用語集をタブレット端末に用意。
  4. ④アイテム変更が容易
    ベースとなるコンテンツ作成後は、新アプリを開発することなく、登録アイテム(商品)の変更・追加が可能。

【お問い合わせ先】

営業窓口:プロモーションメディア事業部
Tel 03-3817-2228
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
Tel 03-3817-2525