取引先とともに

サプライチェーンにおけるCSR推進

企業倫理や人権、環境などのCSRの取り組みを取引先とともに推進し、サプライチェーン全体の持続的な相互発展をめざします。

CSR調達活動

サプライヤーとともに、社会の要請に応えながら相互発展していくことをめざしています。

CSR調達の推進

調達に際して自ら守るべき基本方針として「CSR調達基本方針」を定めるとともに、サプライヤーに遵守いただく基本事項として「CSR調達基準」を定めて公表しています。発注担当者から各サプライヤーまでが方向性や価値観を共有しながら、サプライチェーン全体の発展をめざしてCSR調達を推進しています。

サプライヤー調査の実施

サプライヤー調査の回答画面サプライヤー調査の回答画面

CSR調達の活動の一環として、主要サプライヤーのCSR取り組み状況を調査しています。

5回目となる2015年度は523社を対象に実施しました。従来は調査結果を各発注担当部門へフィードバックしていましたが、今回から回答いただいたサプライヤーへの個別フィードバックも開始しました。自社の取り組み状況を把握していただくことで、サプライヤー自身がCSR調達の推進に取り組める環境を整えていきます。

ページ上部へ

CSR調達基本方針

詳細を見る

2011年3月1日制定


共同印刷グループ CSR調達基本方針

 共同印刷グループは、お取引先を含めたステークホルダーとの信頼関係の確立に努め、ともに歩むことを重視しています。特に、持続可能な事業活動や業界の発展には、お取引先のご協力が不可欠と考えています。
 このような考え方に基づき、お取引先とのより一層の信頼関係を構築するため、当グループではCSR調達の目的および基本方針を制定し、諸資材や製品・半製品・サービスなどの調達を行います。

(目的)

  • 1. 共同印刷グループが事業活動を推進するにあたり、開発、製品・半製品の製造、諸資材・サービスの提供を得るなど、当グループの一連の業務プロセスに関与するすべての取引先と協力して社会の要請に応えます。
  • 2. CSR調達により、取引先を含めたサプライチェーン全体の相互発展をめざします。

基本方針

  • 1. 法令・社会規範を遵守し、公平にして自由な競争理念を取り入れ適正な取引を行います。
  • 2. お取引先に関連し発生または取得した全ての情報の取り扱いにあたっては、徹底した管理を行います。
  • 3. 社会のニーズを的確に把握し、品質の高い材料や製品・サービスなどを安全性に十分配慮して調達を行います。
  • 4. 持続可能な社会の構築に向けて、適用法規制の遵守、環境保全活動に配慮した調達を行います。
  • 5. 社会常識を逸脱した贈答や接遇の授受を行いません。

CSR調達基準

詳細を見る

2013年1月31日制定


共同印刷グループ CSR調達基準

共同印刷グループは、サプライヤーの皆さまとCSR(企業の社会的責任)活動に取り組み、共に持続可能な発展を遂げていきたいと考えています。
そのために遵守いただく基本事項として、以下の「CSR調達基準」を定めます。

    • 1.法令・社会規範の遵守
    • (1)事業活動に適用される各種法令・条例・政府通達および社会的規範を遵守する。
    • (2)不適切な利益供与・受領は行わない。
    • (3)反社会的勢力とは、一切の関係を持たない。
    • (4)内部通報を受けた際、通報者が不利益を被らない措置をとる。
    • (5)輸出関連法規および事業活動を行う国や地域の法令を遵守する。
    • 2.人権尊重と安全衛生
    • (6)従業員の基本的人権を尊重し、不当な差別は行わない。
    • (7)各種のハラスメントを容認せず、健全に働ける職場環境の実現に努める。
    • (8)労働災害の予防、従業員の安全確保、および労働時間の管理、健康管理に努める。
    • (9)児童労働、強制労働、外国人労働者の不法就労等、不当な労働行為をしない。
    • 3.情報セキュリティ
    • (10)取り引きを通じて得た秘密情報・個人情報等については、不正利用や情報漏洩が生じないよう適切に管理する。
    • (11)特許権・著作権・商標権等の知的財産権を侵害しない。
    • 4.環境保全と安全
    • (12)事業活動全般において、環境関連法規を遵守するとともに、環境負荷の低減に努める。
    • (13)取り扱う材料や部品については、環境負荷の低い製品を優先的に購入する。
    • (14)関連法規・条例に則り、産業廃棄物を適正に処理する。
    • (15)関連法規・条例に則り、化学物質を適正に管理する。
    • 5.品質の維持と向上・製造物責任・安定供給
    • (16)当グループからの要求水準を満たし、常に品質向上に努める。
    • (17)製品の安全性に関しては、関連法規を理解し、適切な管理を行う。
    • (18)市況に即した適正な価格で製品・サービスを提供する。
    • (19)指定納期を守り、製品・サービスを安全・安定的に供給する。
    • 6.社会貢献
    • (20)社会貢献・地域貢献活動に努める。

ページ上部へ

公正で透明な取引に向けて

下請法の遵守はサプライヤーの皆さまとの取り引きにおける基本です。下請法の周知徹底のため、管理・監督者教育をはじめ、購買部門、営業部門、技術開発部門を対象とした教育を実施しています。理解度を測るためのe-ラーニングを実施し、1,887名が受講しました。また、公正取引委員会、経済産業省の講習会に26名を派遣し、理解を深めました。

サプライヤー・ヘルプラインの設置

通報窓口通報窓口をホームページで公開しています

法令違反や企業倫理に抵触する行為を早期に発見、是正するために、通報窓口「倫理相談室(ヘルプライン)」を開設しています。

2015年度の通報・相談は0件でした。

■倫理相談室(ヘルプライン)の詳細な利用方法

ページ上部へ

サプライヤーとのコミュニケーション

新年互礼会の開催

写真:111社が出席した新年互礼会111社が出席した新年互礼会

毎年1月にサプライヤーとの対話の場として「新年互礼会」を開催しています。

重要なステークホルダーであるサプライヤーの皆さまに感謝を伝えるとともに、相互発展をめざしていくために行っているものです。当日は品質面を中心に選定した9社に感謝状を贈呈しました。

ページ上部へ

サプライヤー合同で「安全品質環境会議」

写真:発表の様子発表の様子

共同物流では、安全・品質・環境に対する取り組みを協力会社の方々に理解いただき、ともに改善を進めるために「安全品質環境会議」を開催しています。

4回目となる2015年度は、協力会社47社70名を含む97名が参加し、基調講演や事故対策事例の紹介、小集団活動の発表を行いました。会議後の懇親会では協力会社の皆さまと積極的な意見・情報交換を行いました。良質な物流サービスの提供に向けて、今後もサプライヤーの皆さまとともに取り組んでいきます。

ページ上部へ

サプライヤーの製品展示会を開催

写真:サプライヤーの製品展示会各社の技術が結集しました

サプライヤーの技術力を紹介し、当社のお客さまへの付加価値提案を活性化させるために、特殊加工製品の展示会を開催しました。

当日は12社が参加し、さまざまな種類の製品や技術を紹介いただきました。今後も相互発展に向けた取り組みを行っていきます。

ページ上部へ

VOICE

成長の種をともに探していきたい

田中産業株式会社 代表取締役 田中 裕 様
田中産業株式会社
代表取締役
田中 裕 様

弊社は、厚紙の印刷、大判印刷、特殊素材の印刷などを得意とする印刷会社です。創立60年になりますが、共同印刷さまとは印刷業に業態を変えた40年ほど前から取引をいただいています。

その時代に求められる品質を、決められた期限に納めることが協力会社の役割だと思っています。情報革命で印刷物が減少するなか、顧客満足を高めていく工夫も必要です。そのなかで弊社は、「他の会社ができないことをする印刷会社」をめざし、特殊なサイズ、仕様の設備を導入。供給責任を果たすべく、複数台の設備を確保しています。また、社会貢献の取り組みとして「点字付き絵本の製作」と「企業内保育所の運営」を行っています。「点字付き絵本」は共同印刷さまと協力してお客さまに提案しました。読みやすい点字とわかりやすい触図が評価され、数多く採用されています。「企業内保育所」は2015年に開園し、まだ利用者は少ないですが、社員が子どもと出勤して退社時には連れて帰る姿を見ると「働きやすい環境をつくれた」とうれしく思います。

弊社が現在このような姿にあるのも、共同印刷さまに取引当初から真摯に対応いただき、「新年互礼会」などでも交流を深められたからだと思っています。厳しい時代ですが、そのなかでも成長の種を探し出していくことが重要です。今後はさらに連携を深め、協力して商品や商材の展示会なども開催していければと思っています。

 

ページ上部へ