• イベント・セミナー

共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、10月25日(木)に、「業務効率化を実現する物流オペレーション改革~「自動認識技術」の活用で変わる物品・在庫管理業務などの最適化~ 」と題するセミナーを、株式会社東洋経済新報社と共に開催します。


物流・流通業界では、人手不足・高齢化・ECショップの増大などにより、ITを活用したオペレーション改革、自動化・省力化が急務となっています。そうしたなか自動認識技術は、物流に限らず、国内メガバンクのQRコード決済規格統一、政府が発表した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」など、 "モノ"と"情報"をシームレスに管理するあらゆるシーンでの活用が期待されています。

本カンファレンスでは、製造から物流に至るまで数多くの現場を取材されてきた月刊マテリアルフロー編集長 菊田氏、株式会社LIXILの生産技術革新チーム 佐々木氏、株式会社サトー 猪俣氏をお招きし、「自動認識技術」をはじめとしたロジスティクスのトレンドや業務効率化の事例などをご紹介します。合わせて、当社が開発した、複数コードの一括読み取りが可能な二次元コード「FullScanCode」(フルスキャンコード)を紹介します。ぜひ、ご参加ください。

本サービスでは、専用サイトへデータをアップロードすることでデータの授受が完了します。従来の記録媒体の輸送によるデータの授受が不要となるため、記録媒体の紛失や誤配送などのリスクを防ぐことができ、データ授受にかかる時間やコストも削減できます。

今後は、本サービスの採用を各自治体に働きかけ、自治体向けのデータプリントサービスやBPOサービスのさらなるサービス向上に努めます。また、LGWANに対応した新サービスの開発にも取り組み、自治体向けサービスの拡張を図っていきます。

【開催概要】

開催日時 2018年 10月 25日(木) 13:30~16:35
会 場 東洋経済新報社 9Fホール(東京都中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル)
定 員 100名 ※応募者多数の場合は抽選
参加費用 無料 (事前登録制)
申込方法 専用ページよりお申し込みください
プログラム

※内容は変更となる場合がございます。ご了承ください。

  • 13:00~
  • 開場
    基調講演「IoT時代の物流現場作業の自動化・省力化と働き方改革 ~先端技術、コネクト&シェアによる革新への道
  • 13:30~14:30
    筋」/菊田一郎氏(株式会社流通研究社 代表取締役社長、月刊マテリアルフロー 編集長、一般社団法人 日本マテリアルフロー研究センター 常務理事)
    事例講演「LIXILの実践する、棚卸工数の削減」/佐々木 泰三氏(株式会社LIXILインテリア事業部 インテリア製造部
  • 14:30~15:10
    筋」/菊田一郎氏(株式会社流通研究社 代表取締役社長、月刊マテリアルフロー 編集長、一般社団法人 日本マテリアルフロー研究センター 常務理事)
    事例講演「LIXILの実践する、棚卸工数の削減」/佐々木 泰三氏(株式会社LIXILインテリア事業部 インテリア製造部
  • 15:25~15:55
    講演「自動認識技術で拡がる物流・流通オペレーション改革 ~複数一括読み取り技術で変わるデータ管理の未来」/齋藤 智仁(共同印刷株式会社トータルソリューションオフィス 担当課長)
  • 15:55~16:35
    パネルディスカッション /[パネリスト]佐々木泰三氏、齋藤智仁、[モデレーター]菊田一郎氏

【セミナーに関するお問い合わせ先】

 東洋経済新報社 コミュニケーション事業部 TEL:03-3246-5599(受付時間:10:00~18:00[土日・祝日は除く])

【お問い合わせ先】

営業窓口:プロモーションメディア事業部
Tel 03-3817-2161
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
Tel 03-3817-2525