• 製品・サービス

共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、生活者から収集した食卓画像および画像と紐付いた情報をマーケティングデータとして提供するサービス「リア食®」の機能をバージョンアップしました。画像認識技術でモニターの撮影画像からメニューや使用食材、ボリュームを読み取り、対象となる食卓の「栄養価データ」を算出します。

 リア食は、"誰が、なぜ、何を、どのように食べたか"という食卓の実態を、実際の食卓画像と数値データで具体的に把握することができるマーケティングサービスです。2016年の提供開始以来、多様な属性の生活者から収集した日々の食卓画像と、画像に紐付いた情報(生活者の年代や収入などの属性、調理の有無や使用食材など)によって、「生活者のリアルな姿が捉えられる」とご好評いただき、商品開発や販売促進に活用いただいています。

 リア食は、"誰が、なぜ、何を、どのように食べたか" リア食では、モニターが毎日の食卓画像を登録する際、メニューに関するアンケートに回答しています。食に対する意識が高い主婦層では食事内容の詳細を記載する「日記調査」の精度が高く、有用なデータの収集が可能でした。一方、食に対する意識が低い単身者や男性、低所得者層などでは日記調査の精度が低く、食実態の詳細把握が困難でした。

 そこで、このたび、リア食に画像認識技術を実装して、食卓画像から「メニュー」「食材」「ボリューム」を読み取る機能を追加しました。これにより、食卓を撮影した画像だけで食事内容の詳細が把握できるようになりました。また、対象となる食卓の栄養価データ※1の算出も可能とし、食卓の情報がより具体的、かつ多面的に捉えられるようになりました。なお本機能は、株式会社リンクアンドコミュニケーションが提供しています。 [写真左:画像認識による食卓把握のイメージ、右:算出した栄養価データ]

さらに、集計専用のソフトウェアも実装し、メニューの出現率や食べ合わせ、ターゲット層の平均摂取栄養価などのグラフ表示やクロス分析が、より手軽に行えるようになりました。(写真右)

バージョンアップしたリア食は、2019年2月13日から15日まで幕張メッセで開催される「第53回スーパーマーケット・トレードショー2019」へ初出品します。実際の画面などを交えて新機能をご紹介しますので、ぜひ当社ブース(Hall2 2-406)へお越しください。  当社は、今後もリア食の機能拡充に努めるとともに、ワークショップを開催してリア食の活用方法周知に努め、食品メーカーなどに向けた提案を強化していきます。

※1 食卓ごとのカロリー、たんぱく質、塩分、糖質など124項目の栄養価情報を算出

【お問い合わせ先】

営業窓口:トータルソリューションオフィス
Tel 03-3817-2277
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
Tel 03-3817-2525