• 製品・サービス

共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、ピエール=オーギュスト・ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」の高級美術複製画を、限定300部のエディションで制作、販売を開始しました。

©Emil Bührle Collection,Zurich/PPS

 印象派を代表する画家、ルノワールは、若い時から友人や家族の肖像を描いています。ルノワールは、それまで主流だった写実的で威厳に満ちた雰囲気で描く画風と異なり、モデルを優しい表情と温かい色彩で描き、大きな評判を呼びました。
 人気画家として名声を高めた時期に手がけたのが、裕福な銀行家夫妻の令嬢イレーヌを描いた本作です。透き通るような白い肌、華やかな青いドレス、細かく筆を重ねた栗色の豊かな髪には、少女の可憐さや輝く生命力が表されています。イレーヌの肌は筆を遣った跡が見えず滑らかで、画家になる以前に陶器の絵付け師として培ったルノワールの技能が発揮されています。その一方で、髪型や背景は筆跡を残した印象派らしい表現をしており、二つの表現方法が巧緻な技術によって集約されています。

 本作は絵画史に打ち立てられた少女画の金字塔として世界中から支持を受けており、肖像画のなかで最も美しい作品の一つといわれています。ルノワールが描いた純粋無垢な美しさを、原画を所蔵するE.G.ビュールレ・コレクション財団の正式許諾を受け、当社独自の技法「彩美版®」で再現しました。ぜひお手元でお楽しみください。

本体価格 148,500円(税込)
限定 300部
技法 彩美版®シルクスクリーン手刷り
画寸 天地53.0cm×左右44.0cm
額寸 天地67.5cm×左右58.5cm×厚さ3.0cm
用紙 キャンバス
額縁 デコレーション金箔木加工額(MDF材)、アクリル付/国産
重量 約4.4kg
監修・解説 島田 紀夫 (美術史家/実践女子大学名誉教授)
原画所蔵 E.G.ビュールレ・コレクション財団

※ 当社が独自に開発したセキュリティシールを証明書に貼付しています。スマートフォンなどでフラッシュをたいて撮影すると、作品が共同印刷の発行する真正な複製画であることを判定できます。

<資料>ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841~1919)
1854年磁器絵付師の工房で徒弟奉公。1858年機械による陶器絵付けの普及で失業。1861年シャルル・グレールの画塾に学び、シスレーやモネらと交友を深める。1862年パリ国立美術学校に入学。1864年サロンに応募した《ラ・エスメラルダ》が初入選。1874年「第1回印象派展」開催。1876年《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場》制作。1879年《シャルパンティエ夫人と子どもたち》がサロンで入選、高評価を得る。1880年本作《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》制作。1892年《ピアノを弾く少女たち》が国家買い上げとなり栄誉を得る。1907年パリから南フランスに移住、1919年78歳で死去。

お問い合わせ先

営業窓口:情報メディア事業部 アート&カルチャー事業
TEL:03-3817-2290

取材窓口:コーポレートコミュニケーション部
TEL:03-3817-2525