CSR重要項目の実績と目標

CSR推進委員会では、6 つの重要項目に沿って活動テーマを定めて具体的な活動計画を立案しています。
年間を通じた活動の実績を管理しながらPDCAでグループ全体のCSRの推進に取り組んでいます。

2017年度目標と実績

コンプライアンス(公正な事業慣行)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
当社コンプライアンスのあるべき姿の検討 グループ企業行動憲章などの2018年度改定に向けた見直しに着手 A
通報窓口の認知向上と利用の促進 内部通報説明会実施(全3回)、内部通報制度の周知カード配布、社内報掲載などの周知活動の結果、認知率は6ポイント増、利用件数は14件増と向上 A
コンプライアンス教育の強化 幹部職員向けコンプライアンス教育の実施(計20回) A

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

お客さまとともに(消費者課題)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
生産の安定化と向上をめざし、5Sを基本とした自主保全活動を推進
  • 各部の品質保証委員会や品質指導会、巡視を通じて改善提案を継続
  • 子会社を含む全工場の製品診断チェックリストを改定
A
「全社標準・部門標準」を遵守させる仕組みの構築
  • システム設計に関する全社標準の制改定と、展開するための専門部会を設立
  • 部門で異なる異物混入防止対策をマニュアル化し、標準化
  • PL教育を18部門7子会社で実施
A
法改正や社会情勢に対応した情報セキュリティ教育と内部監査の実施 会社の業務に従事する全員に、改正個人情報保護法の改訂ポイントの重点的な教育・指導を実施 A
JIS Q 15001改正に伴う社内規定の再構築 審査基準の公表が2018年にずれたため、次年度に繰り越し対応 -

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

社員とともに(人権・労働慣行)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
契約社員・パートタイマーの活躍推進 無期転換ルールへ対応 A
労使一体の長時間労働削減施策の推進
  • 帰宅時間宣言活動を開始
  • 残業通知メールの運用を開始
A
幹部職員のマネジメント力強化 マネジメント能力の向上策として幹部職員向けステージアップ研修を実施 A
ミドル層のキャリア開発支援
  • 転進支援制度を導入
  • ミドル層向けキャリアデザインセミナー研修を企画開発中
B
従業員の健康の維持・増進 福利厚生サービスの委託先を変更し、従業員の生活・健康の向上に寄与 A

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

取引先とともに(バリューチェーンにおける社会的責任の推進)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
海外拠点におけるCSR調達のモニタリング強化 CSR調達アンケートを海外子会社のサプライヤーに拡大 A
サプライチェーンにおける化学物質対応の強化 「グリーン調達ガイドライン」を公開し、サプライヤーへの周知を開始 A

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

社会とともに(コミュニティへの参画と発展)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
教育支援活動の継続と新施策の策定
  • 地元小学生を対象とした工場見学を継続実施し、過去最多を記録(本社実績14校1,042名)
  • 新施策は未策定
B
東日本大震災復興支援活動の継続実施 企業マルシェ「うまいもの市場」を継続実施、前年比120%増の売上に貢献 A

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

地球とともに(環境)

2017年度目標2017年度実績・進捗自己評価
ISO14001 グループ認証の新規格への移行 ISO14001:2015の新規格認証を取得 A
適用法規制への対応強化(フロン排出抑制法など) フロン排出法対象機器用の管理システムを構築し、全社の対象機器の法定点検を完了 A
法規制有害化学物質の使用量削減 化学物質管理システムの運用を開始し、高精度な使用量管理を実現 A

評価基準 A:目標を達成 B:取り組んだが、目標達成に至らなかった C:取り組み不十分

ページ上部へ

2018年度目標

コンプライアンス(公正な事業慣行)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
企業倫理と法令遵守 内部統制 全グループにおける接待贈答ルールの統一化と手続きの整備
通報窓口(内部・外部)における認知向上と利用の促進 通報窓口の積極的な社内周知活動を実施(社内報、企業倫理月間ポスター掲示など)
コンプライアンス教育 企業倫理の醸成に向けた教育内容の見直しと、経営層への教育の強化

ページ上部へ

お客さまとともに(消費者課題)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
情報セキュリティ 情報セキュリティ対策の整備・強化
  • TOMOWEL-CSIRTの活動推進
  • 情報セキュリティ施策の拡充
  • TOMOWEL-CSIRTの情報連携会議による情報共有(四半期に1回開催)、全社員に対する啓発活動(年間4回以上)
  • 標的型攻撃メール訓練の実施
製品の安全と品質 製品安全と品質保証の管理体制の強化
  • 製品安全審査体制の強化
  • 異物混入防止対策の推進
  • 品質マネジメントによる標準化の推進
  • 販促物の製品安全審査フローの見直し
  • 異物混入防止対策用ガイドラインの制定
  • 部門ごとに運用している品質保証における管理マニュアルの標準化を推進

ページ上部へ

社員とともに(人権・労働慣行)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
働き方改革 長時間労働是正に向けた組織風土改革と意識改革の推進 働きがいを高め、生産性を向上させる仕組みの構築とトップコミットメントの発信
ダイバーシティ 障がい者雇用率の向上 職域開発の推進と障がい者雇用率2.2%以上の達成
ワークライフバランス 仕事と育児・介護の両立支援 育児・介護に関する制度の浸透とセミナーの開催

ページ上部へ

取引先とともに(バリューチェーンにおける社会的責任の推進)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
CSR調達 グループサプライチェーンにおけるCSRの推進 サプライチェーンの最適化をめざし、調査表に基づく取引先の再評価を実施
グリーン調達
  • サプライヤーに対するグリーン調達ガイドラインの周知徹底
  • 購買品の安全管理体制の強化
グリーン調達ガイドラインの浸透と付随する管理証明書の提出促進(目標:60社/年)
サプライチェーンBCP サプライチェーンのBCPへの対応強化 主要原材料サプライヤーの製造現場視察と供給体制・BCP方針を確認(年間6回以上)

ページ上部へ

社会とともに(コミュニティへの参画と発展)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
地域コミュニケーション 地域コミュニケーションの推進 地域住民との懇談会の開催
社会貢献活動 東日本大震災復興支援活動の継続実施 企業マルシェ「うまいもの市場」の実施

ページ上部へ

地球とともに(環境)

CSRテーマ2018年度 取り組み項目2018年度 施策および達成目標
EMS体制 環境ビジョン2020の見直し パリ協定やSDGsといった社会情勢の変化や自社の進捗状況を踏まえ、設定目標の中間見直しを実施
地球温暖化対策 温室効果ガスの排出抑制 業務効率の改善と設備の省エネ化により、グループ全体のCO2排出量を45,000t以下に抑制
フロンガスの排出抑制 対象設備の計画的な点検実施により、グループ全体のフロンガス漏えい量を15t以下に抑制
つくる責任、つかう責任 全社のグリーン購入の促進 補材マスターデータのデータメンテナンス(新規グリーン製品登録 5件/月)と全社グリーン購入率の向上(前年比3%以上)

ページ上部へ